🚅鉄道日記🚋

🚅 2021年1月21日(木)🚋
【🌅🚂🚃_(※^^※)ゞ こんにちわ。久々に【国産鉄道】の、キハ58系急行形ディーゼル動車 (JR九州地区色) 】
🌅🚂🚃_(※^^※)ゞ こんにちわ。久々に【国産鉄道】の、キハ58系急行形ディーゼル動車 (JR九州地区色)

🌅🚂🚃_(※^^※)ゞ こんにちわ。【国産鉄道シリーズ】のNo.155号 を購入して来ました。 JR発足後の九州旅客鉄道が国鉄(日本国有鉄道)時代から継承した『キハ58系急行形ディーゼル動車』の一部が、九州地区のオリジナルカラーに塗色変更された事があった時の模型が、今回のミニチュア・モデル(Nゲージ(9o・1/150scale))です。

広島県を象徴する🍁『紅葉』をイメージさせる赤とアイボリーのツートンカラー。

境い目と車体の裾部分にグレーの帯とに塗り分けされた、良いデザインでしたが… このオリジナルカラーとして活躍したのは、僅かに1989年(平成元年)〜1999年(平成三年)迄の短い期間だけでした。

その後どうなったと申せば、濃淡グリーンを基調とした、新たなオリジナルカラーに塗色変更を実施しました。

そもそも国鉄(日本国有鉄道)キハ58系急行形ディーゼル動車 キハ58形と言う、形式は、日本国有鉄道が1961年(昭和三十六年)に開発・製造したディーゼルカーで、形式のグループ全体的な生産数は、1800両以上量産された気動車(ディーゼルカー)で、北は北海道から、南は九州迄の広い地域での幹線やローカル線で活躍しました。

JRの発足後には全国で、約1000両以上が継承されまして、その中で九州地区には30両ほどが配属されました。

1/21^14:04
[🚅コメントをどうぞ😉🖋️]
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++